能力評価試験

技能検定(前期・後期試験)

技能検定は職業能力開発促進法に基づき、さまざまな職種で働く人たちの専門的な技能や知識を一定の基準により検定し、これを国が公証する制度です。合格者には、厚生労働大臣(特級、1級及び単一等級)または都道府県知事(2級及び3級)から合格証書が交付され、「技能士」と称することができます。愛知県では毎年延べ1万人以上の方がこの検定試験にチャレンジしています。

技能検定制度について詳しくお知りになりたい方は、中央職業能力開発協会のホームページをご覧ください。

令和2年度前期

令和元年度後期

技能検定問題集などの注文 ≪技能検定(前期・後期試験)≫

※ ≪外国人技能実習生対象≫は こちら をご覧ください。

試験問題集等

技能検定試験問題集及び学科試験問題解説集等を販売しています。
参考図書の案内と申込用紙について は、こちらをご覧ください。

試験問題コピーサービス

直近3年度 の学科試験及び実技試験問題のコピーを有料 で提供します。
申し込みについて は、こちらをご覧ください。

<お知らせ>
中央職業能力開発協会のホームページ上で直近の試験問題が公開されています。
ただし、閲覧のみ可能となっていますので、印刷物として必要な場合は
上記コピーサービスをご利用ください。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

その他の能力評価試験

上記についてのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

tel.052-524-2034

fax.052-325-5788

担当課:技能検定課

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちらから

ページTOPへ