HOME > 各種講習教育訓練 > 階層別訓練

階層別訓練

新入社員教育

・講座のねらい
新入社員にビジネスマナーの基本を教えるとともにプロのビジネスマンとしての心構えを植え付け、即戦力化をはかります。
・対象者
新入社員
・内容/カリキュラム
○私が会社を代表する。(そのために今身につけるべきマナーと仕事の基本は何か?)
○職場における考え方と行動の基本(求められる姿勢)
○トップの上司の注文を受けて自己啓発すべき10か条と会社での心構え10か条
○創造的なビジネスマンになるために(1をめざす)
○仕事の基本と仕事改善の着眼点
○目標による自己管理
○指示の受け方・報告の仕方・接客対応のポイント
○明るい職場をつくるためのマナー(会社と組織)
○グループワーク(役割認識できる、しっかり行動できる社員、自分の考えを発言できる社員)
・研修効果
社会人としての自覚、ビジネスマナー、自己開発の仕方などしつけは、最初に正しく教えるのが肝心です。本講習ではロールプレーイング等により実践的にしっかり身につけます。
・講習日数
2日 (午前9時30分〜午後4時30分)
・定員
25人

新入社員フォローアップ講習

・講座のねらい
新入社員教育等での学びを再確認し、職場で必要なチームワーク力やコミュニケーションスキルを向上させます
・対象者
新入社員教育受講者、入社後2年未満の一般社員
・内容/カリキュラム
○仕事の振り返りと配属後の成果発表
○仕事の進め方再確認(時間管理、計画・実行・評価・改善(PDCAサイクル)、報告・連絡・相談等
○ケース・スタディ演習(チームワーク等について)
○セルフ・コミットメント(これからの自分に対する契約書)
○ビジネスマナー再確認(挨拶、姿勢、お辞儀、電話対応、接客等)
○職場における人間関係の作り方
○自分の伝えたいことをきちんと伝える(話し方)
○相手の伝えたいことをきちんと受け取る(聴き方)
・研修効果
グループワークやケース・スタディ等により自ら行動・発言できる人材へつなげます。
・講習日数
2日 (午前9時30分〜午後4時30分)
・定員
25人

セールスパーソン基礎講習

・講座のねらい
現場で使用するセールススキルを習得し、実績の出せる即戦力を身につけます。初めての方でも『0(ゼロ)から即戦力まで』段階的に、かつ系統的に、営業の基本スキルを習得します。
・対象者
営業未経験者〜営業経験2年未満
・内容/カリキュラム
○セールスエッセンシャル - 人に好かれる人間的要素
○セールスマナー - ビジネスマナー、感じのよいあいさつ、身だしなみ、笑顔の作り方、待機の姿勢、椅子の座り方、お辞儀の仕方、名刺交換の仕方、アイコンタクト、敬語、席次
○コミュニケーションの基礎 - ラポール形成(信頼関係の作り方)、リスニングスキル、トーキングスキル、質問スキル、承認スキル
○営業知識 - ニーズとウォンツ、コンサルティングセールスとは
○営業技術 - セリングプロセス、見込客の作り方、テレアポイントの取り方、セールストーク作成の基礎、プレゼンテーションの仕方、問題発見・問題解決スキル
・研修効果
現場で使用するセールススキルの基本を、ロールプレイングを通じて無理なく習得します。 実習中心の講座であるため、とりわけビジネスパーソンにとって重要な『相手の立場を理解した上での感じの良い応対』を即戦力レベルで習得できます。セールスパーソンの個性が引き出され、セールスには欠かせない必須のスキルを身に付けます。
・講習日数
2日 (午前9時30分〜午後4時30分)
・定員
25人

若手社員教育(WSTC・製造業)

・講座のねらい
働く者の心構え、正しい倫理観や職業観をもとに、仕事に対する責任をもち自己統制のできる産業人を育てるのに役立たせます。
・対象者
一般社員(入社後1年〜3年程度)
・内容/カリキュラム
○会社とあなた・仕事とあなた
○仕事の指示(命令)の受け方と報告の仕方
○利益と原価
○キャリア形成とあなた
○職場の問題のとらえ方
○自己啓発
○仕事の改善
○生産を上げる為の改善の土台(作業標準)
○安全衛生と健康
○あなたを大切に
・研修効果
企業における、仕事の基本的な進め方を理解することにより、日常的に積極的に取り組む姿勢(自己管理)が養われます。
・講習日数
2日 (午前9時30分〜午後4時30分)
・定員
25人

《新規》ビジネス能力基礎講習

・講座のねらい
自立した社会人として、自分で考えビジネスで適切な行動ができる能力と、段階的かつ系統的に、ビジネスコミュニケーション能力を身に付けます。
・対象者
一般社員(入社1年〜3年目程度)
・内容/カリキュラム
○ 働くに当たっての意識(仕事に対する姿勢、職業人としての意識
、   仕事の取り組み方・タイムマネジメント)
○ ビジネス文書作成の基礎(ビジネス文書作成の基礎、新聞の読み方、表とグラフの役割・活用法)
○ ビジネスにふさわしい言葉遣い(敬語、クッション言葉、席次)
○ 社内コミュニケーションの基礎(出社から退社までのルール、指示・連絡・報告の違い、能動的な指示の受け方、適切な報告・連絡の仕方、中間報告のタイミング、定型業務と非定型業務)
〇 TPOに応じたコミュニケーションの基礎(会議の技術、電話対応の仕方、感じのよい接遇応対の仕方、ビジネスにふさわしい会食の仕方)
〇 情報管理とセキュリティ(情報管理とセキュリティ、情報を取り巻く様々なリスク、企業責任とモラル)
・研修効果
社会人にとって、まず始めに必要となるビジネス知識の基本を丁寧に習得できるため、研修後の自信や意識・振る舞いが変わります。  社内外で活用するビジネスコミュニケーションの基本を実践演習を踏まえて無理なく習得でき、社業の遂行に必要不可欠なビジネスの基本的なスキルを、効率的にまとめて身に付けられます。
・講習日数
2日 (午前9時30分〜午後4時30分)
・定員
25人

中堅社員講習

・講座のねらい
中堅社員の立場と役割を認識し、仕事を的確に推進するための、職業人としての自覚を促します。また、自らの能力をより向上させ、その能力を企業に対して最大級に発揮できる中堅社員になるために、わかりやすいカリキュラムで、具体的な方策を身につけます。
・対象者
中堅社員(実務経験5年〜10年程度)
・内容/カリキュラム
○中堅社員の役割とリーダーシップ
○後輩や部下を指導するためのコミュニケーション
○仕事を円滑にするためのコミュニケーション
○職場の問題解決(基本的解決、問題解決のためのステップ、問題点の抽出、ステップに沿ってグループディベート)
○リーダーとしての目標設定
・研修効果
近い将来組織の要となる中堅社員として、職場の問題解決、コミュニケーションの技術、上司補佐と後輩指導のポイントなど期待される役割を認識した上で、 リーダーとなるように、自分自身を磨き、指導ができるようになります。
・講習日数
2日 (午前9時30分〜午後4時30分)
・定員
25人

営業トーク術即戦力アップ講習

・講座のねらい
営業と販売の基本は営業トークです。工業生産財・消費財営業に限らず、優れたトークスキルは会社の実力として評価され、それは若手営業マン育成の教科書にもなります。 日頃、社内ではプレイイングマネージャーとして期待され、部下の育成係として活躍されている方、また、候補と期待される方々を対象に、ブラッシュアップされた営業トークと、 営業心理に裏打ちされたスキルを通して、結果の出せる営業即戦力を身につけます。
・対象者
中堅社員(営業経験3年から15年で現状打破を考えている人)
・内容/カリキュラム
○ コンピテンシーと営業マナー(営業基本能力の確認)
○ 営業心理術(コミュニケーション、傾聴・共感・洞察力・質問力・雑談力)
○ 営業マンは情報マン。その収集すべき情報と戦略的発想術。
〇 場面別トークフレーズ活用法
○ アポイント、切替、応酬、クロージング、苦情処理話法
○ 自社カタログ、商品を使用してのセールスシナリオ作成と演習評価
○ 個別指導と営業活動のまとめ
・研修効果
理論だけの分かったつもりを排し、現場で役に立つ本格的なセールストークでロールプレイングを行います。また、実際に使用している営業資料を基にしますので、リアルな ブレない実戦力が身に付きます。
・講習日数
2日 (午前9時30分〜午後4時30分)
・定員
25人

リーダー養成講習

・講座のねらい
若い社員をいち早く動機づけ、職場の協働に参加させ、セルフモチベーションを高めさせるには、リーダーの力量がものを言います。リーダーの出来・不出来が職場のモラールに 直接影響します。リーダーシップ能力を実践的に身につけるには何が大切かを中心に講座を進めます。
・対象者
リーダー予定者(実務経験10年〜15年程度)
・内容/カリキュラム
○リーダーに求められる基本的な能力と役割
〇リーダーに求められるスキル(カルチュラル・スキル、コンセプチュアル・スキル、ヒューマンスキル、テクニカルスキル)のチェック
〇リーダーが身につけるべきモチベーションの各論とコーチングのあり方
〇松下幸之助等に学ぶリーダーシップの原則
・研修効果
職場の第一線に立つリーダーは、会社の基本方針、部門の方針を両肩で受けとめ、職場をまとめチーム力を発揮する責任者です。職場の成果はリーダーのあり方で変わります。 本講座ではリーダーが自分にふさわしいリーダーシップを身につけ、職場で有効な影響力を発揮できるようにサポートします。
・講習日数
2日 (午前9時30分〜午後4時30分)
・定員
25人

次世代中核社員養成講習

・講座のねらい
中堅社員の時期をどう過ごすかによって、今後のビジネス生活は大きく変わります。これから企業の中核を担うビジネスパーソンに対して、中核人材として必要な知識、能力を、ケーススタディなどを通じて主体的に身につけていただく講習です。
・対象者
中堅社員(実務経験10年〜15年程度)
・内容/カリキュラム
○自社と自身の役割認識
○問題発見力と問題解決力
○目標設定と計画能力
○組織化能力と影響力
○自己革新と自己啓発
・研修効果
ケーススタディ等を通じて、中核社員にとって必要となる能力や獲得すべきスキルを明らかにするとともに、中堅社員としての職務遂行能力の拡大に結び付けます。
・講習日数
2日 (午前9時30分〜午後4時30分)
・定員
25人

職長訓練T(職長・班長のための管理常識)

・講座のねらい
職長・班長に日常職場内で活用する管理上の常識を身につけます。
・対象者
第一線監督者(職長、班長になって間もない方)
・内容/カリキュラム
○第一線監督者の役割
○管理とは
○リーダーシップとは
○職場の改善(職場の問題のとらえ方と解決法)
○役立つ改善技術(QC7つ道具、IE技法、トヨタ生産方式等)
○職場の活性化(部下の指導と育成)
○仕事を上手にやるためのコツ
○できる監督者といわれるためのパスポート
・研修効果
第一線監督者としての自覚を促します。
第一線監督者の役割が分かります。
職場の改善技術の基礎が分かります。
・講習日数
2日 (午前9時30分〜午後4時30分)
・定員
25人

職長訓練U(職場の活性化と生産性向上)

・講座のねらい
第一線管理監督者の使命である職場の活性化を実現するため、リーダーとしてのあるべき姿を、自ら考え気づくことで、職場にふさわしい行動を身に付けます。
・対象者
現場リーダー、班長及び係長(班長、係長歴3〜5年程度)
・内容/カリキュラム
○班長の役割とリーダーシップ(リーダーのあるべき姿を個人ワーク、グループワークで解決)
○QCサークル活動の実践(小集団活動を個人ワーク、グループワークで解決)
○現場の管理
○改善活動
○部下の育成
○安全と環境
○人為的ミス(ヒューマンエラー)における災害の原因と安全対策を組織で考える。
・研修効果
職長業務に必要な手法を身に付けると共に、グループ討議による相互研鑚の場を体験することで、職場運営の一助とします。
・講習日数
2日 (午前9時30分〜午後4時30分)
・定員
25人

管理者訓練T(管理者の基本と指導力)

・講座のねらい
企業体質強化のための管理者として何を実行しなければならないかについて、管理の一つ一つのステップとそのステップ間のつながりを明らかにしながら、自己の管理行動の反省と管理者としての基本要件を身につけます。
・対象者
製造系管理監督者(管理職になられて間もない方)
・内容/カリキュラム
○管理監督者は何を管理しなければならないか、その目的、対象、方法
○管理監督者の役割
○職場のコミュニケーションをよくするために
○管理者に求められる能力
○管理の対象
○改善に役立つ各種の手法
○これからの経営と管理監督者のあるべき姿
・研修効果
管理者の役割を再認識すると共に、管理者に求められる能力を認識し、今後の活動の参考とする。
・講習日数
2日 (午前9時30分〜午後4時30分)
・定員
25人

管理者訓練U(管理能力の高揚と創造性開発)

・講座のねらい
管理監督者が管理能力を向上させるとともに燃える職場づくりをする能力を身につけます。
・対象者
管理監督者(管理職歴5年〜10年程度)
・内容/カリキュラム
○独創性育成
○管理能力の高揚
○経済のSpeed対策
○部下の育成
○差別化
○企画力
○コストダウン
○幹部のための創造性開発
○燃える職場つくり
○性格判断
・研修効果
20世紀の常識は21世紀の非常識と言われ「破壊と創造」が合い言葉となっています。
そこで本講習ではグローバル時代に対応する管理者、リーダーの養成を図り企業の新しい変化を手助けします。
・講習日数
2日  (午前9時30分〜午後4時30分)
・定員
25人

(注) 職長訓練・管理者訓練ではT・Uと表記しております。これは担当講師が異なる為カリキュラムに多少の差違(副題に重点が置かれます)があります。 便宜上T・Uとしており、講習のレベルを表すものではありません。

事務系管理者講習

・講座のねらい
激変する経営環境の変化に対応するために、事務系管理職として何を実行すべきかについて様々な切り口から考え、自己の役割と必要な能力を再認識すると同時に、チームを主体的に運営するための実践的能力を醸成します。
・対象者
事務系管理監督者(管理職になられて間もない方)
・内容/カリキュラム
○企業経営と事務系管理者に求められる役割
○管理者の常識と市場変化の捉え方
○管理者のリーダーシップとマネジメント
○管理者に必要なコミュニケーション(ほめ方、叱り方を中心に)
○部下のやる気を引き出すために(グループ演習)
○部下育成、指導の基本と実践に向けて
○どのようにチーム力を高めるか(グループ演習)
○組織変革の8ステップ
○管理者としての目標設定作成と決意表明(アクションプラン)
・研修効果
実践的なトレーニングにより、事務系管理者として必要な能力を体得し、自職場での行動変容につながります。
・講習日数
2日  (午前9時30分〜午後4時30分)
・定員
25人

営業管理者講習(営業マネジメント)

・講座のねらい
システム的分析、創造的営業及び部下の動機づけを中心に営業管理者の能力をアップします。
・対象者
営業管理監督者(管理職になられて間もない方)
・内容/カリキュラム
○今求められる営業の姿勢とは
○市場の変化の基本と顧客満足(CS)の向上
○販売戦略とは
○製品戦略と市場戦略へのアプローチ
○営業管理者に要求される役割
○コンサルティングセールスの推進の仕方(初期アプローチ、提案とプレゼンテーション等)
○部下のやる気を引き出すコーチングテクニック
・研修効果
営業管理者として身に付けるべきリーダーシップを始め、販売戦略、セールステクニックに至るまで幅広く学びます。
初めて営業部門へ異動した人には、最適です。
・講習日数
2日  (午前9時30分〜午後4時30分)
・定員
25人

監督者安全衛生教育(職長教育)

・講座のねらい
労働安全衛生法第60条に基づく職長等の教育(RST方式)
現場で作業者を直接指導または、監督する方に必要な安全衛生についての知識技能を身につけます。
・対象者
第一線監督者(職長・班長・作業長等)
・内容/カリキュラム
職長教育
  • ○現場監督者の役割
  • ○作業方法の改善
  • ○安全衛生点検
  • ○異常時の措置
  • ○作業手順の定め方
  • ○災害発生時の措置
  • ○労働者の適正な配置の方法
  • ○指導及び教育の方法
  • ○作業中における監督及び指示の方法
  • ○設備の安全化を引き出す方法
  • ○環境改善と環境条件の保持
  • ○労働災害防止についての関心の保持及び労働者の創意工夫を引き出す方法

・研修効果
監督者(職長等)として、現場における安全衛生管理の重要性の理解するとともに、各々の現場において即使用できる安全衛生管理技法を習得することができます。
・講習日数
2日 (午前9時30分〜午後4時30分)
・定員
15人

ページTOPへ↑